Top
Shopping Site
Watch Service
Glasses Service
Company Profile
FAQ
Contact
    「プロフィール」
     私はメガネの専門としてこの業界に入りました。
    もう10数年前になりますが、メガネの専門学校(日本眼鏡専門学校、現在のTOC、東京オプトメリックカレッジの前身)の在学中から
    大学病院の眼科で視力測定の研修をさせていただきました。
    それ以降、あちこちの眼科医院で視力測定のお手伝いをさせていただいています。
    視力測定の理論・理屈はしっかりと確立されていますが、被測定者(お客様)によってその理論・理屈の当てはめるやり方が微妙に違ってきます。
    そこが難しくもあり面白くもあります。まさに十人十色、千差万別、本当にやりがいのある仕事です。

    「メガネを作るために大切なこと」
    メガネを作るときに大切なのは正確な視力測定です。
    この結果を基にメガネレンズの度数を決定します。
    この度数は機械やコンピューターだけでは正確には測れません。
    最近はオートレフラクトメーター(コンピューター)で測定したデーターをそのままメガネ度数にしてしまうメガネ専門店もあります。
    オートレフラクトメーターは他覚測定といい、決して正確ではありません。
    ちゃんとしたメガネを作る為には他覚測定のデーターを基にしっかりと自覚測定(雲霧方またはクロスシリンダー方)で測定をしてメガネ度数を
    決定しなくてはいけません。

    「メガネ業界の現状」
     現在の日本でメガネ屋さんになるには何の資格も要りません。
    資金があれば明日から誰でもメガネ屋さんになれます。
    こんなにいい加減なのは、日本だけです。
    他の先進国でメガネ屋さんになる為には国家資格が必要です。
    今の日本でかろうじて資格と呼べるものは「認定眼鏡士」という業界の認定資格だけです。
    興味のある方は日本眼鏡技術者協会へアクセスしてください。
    昨今、メガネの安売り屋さんが雨後の竹の子のように増えています。
    勿論そういう所で作ったメガネで快適に視生活を送れるのなら問題はありませんが、そうでない人は一度ちゃんとしたメガネを作るメガネ屋さんで
    作ってみて下さい。
    人間が感じる情報は80%眼から入ってくるといいます。
    たかがメガネ、されどメガネです。昔から言われてきたことですが、メガネは半医半商なのです。
    では、良いメガネ屋さんの見分け方ですが、疑問に思ったことは遠慮なさらずドンドン質問してみて下さい。
    それに嫌がらず親切に、そして的確に答えてくれるならあまり間違いはないでしょう。
    (冷やかしはダメですよ。念のため。)メガネはコンサルティング販売が基本です。
    お客様により良い快適な視生活を送っていただくことがメガネ屋の本分です。
    「安さ」もメガネ屋さん選びの大切な要素ではありますが、決してそれだけではないのです。
Top会社案内製品情報コンプライアンスリンクサイトマップ
Copyright(C) Daiwa Watch Service All Rights Reserved.